小学生の息子2人に暴行の疑い

19日午前、京都市中京区にあるマンションの一室で、小学6年の長男(11)と小学3年の次男(8)に殴る蹴るの暴行を加えたとして、会社員の父親(39)が逮捕されました。
長男自らが「お父さんに暴力を振るわれた」と110番通報していて、兄弟はいずれも腕などに軽傷を負ったそうです。
父親は容疑を認めたうえで、「子どもが祖母からもらったお小遣いがなくなり、問いつめた」などと話しているということです。
父親と兄弟は3人暮らしで、1年ほど前に虐待の疑いがあるとして児童相談所に相談があったようで、警察は日常的な虐待があったかどうか調べているとのことです。