迷惑メール語彙力向上

最近の迷惑メールは文章を偽装したようなものが多く、語彙力が向上している。ひとめ見ても分からないレベルになり、被害者も増えているようだ。情報セキュリティーを手掛けるキヤノンITソリューションが注意を呼びかけている。
送り元の目的はネット上のキャッシュ利用の履歴やログイン情報など。
企業が顧客に送るメール文を転用したものも見つかり、ますますわかりにくくなっている。
しかし語尾に妙な文字がついていたり、よく見ればアドレスも違っているので確認しよう。また、添付ファイルがついていることも特徴なので、覚えて置いてほしい。怪しいメールはとにかく開かないことだ。