放火の疑い 小学6年の11歳男児を補導

芝生などに放火したとして、小学6年の男子児童が補導されました。
6月、滋賀・大津市内で4件の不審火が相次ぎました。
付近の防犯カメラなどを調べたところ、大津市内に住む小学6年の男子児童(11)が、放火したことを認めたため、児童を補導し、児童相談所に送致しました。
男子児童は、「2015年、塾の校外学習で、炎色反応を習い、いろんな色の炎を見てみたいと思った」と話していて、拾ったライターで、塾の帰りなどに、自転車で現場を訪れ、火をつけていたとみられています。
そういった授業の中で、火は危ないということを大人が教えないといけないですね。
男の子は、火は危ないと思ってくれればよいですね。