TBS連ドラ主題歌、異例の演歌

演歌歌手坂本冬美の新曲「女は抱かれて鮎になる」が、TBS系連続ドラマ「神の舌を持つ男」の主題歌に決まったそうだ。同局の時代劇ドラマ枠では90年以降、演歌の主題歌は初めてとのこと。
同ドラマは「TRICK」、「SPEC」などで知られる堤幸彦監督が手がけるコミカルミステリーだそうだ。3人の男女が、温泉宿で寝食を共にしながら謎の温泉芸者を探し求めて旅する内容で、向井理、木村文乃、佐藤二郎らが出演するとのこと。
あまり意識したことはなかったが、確かに現代劇の主題歌に演歌が使われるというのは珍しいのかもしれない。曲のタイトルからはどんな曲か想像つかないが、楽しみだ。