なでしこ監督、メディアに苦言

日本女子代表・なでしこジャパンの佐々木則夫監督が、3月9日に行われたリオデジャネイロ五輪女子アジア最終予選の北朝鮮戦後に記者会見をおこないました。
この記者会見で佐々木則夫監督は、メディアに対し苦言を呈する一幕がありました。
リオデジャネイロ五輪予選最終戦となった北朝鮮戦。
佐々木則夫監督の退任は既定路線であり、試合後の会見も事実上の退任会見となりました。
この会見で、初戦から勢いを出してあげられなかったことは私の責任であると思うと今大会を振り返りました。
今後は?と問われると、「就職?募集中だよ!」と会場を笑わせました。
続けて、佐々木則夫監督は、「僕の批判はいいんですけどね、選手がこう言っているだの、ああ言っているだという・・・、負けるとゴシップばかりが書かれてしまってね。僕がそんなことをいうことではないかもしれないけど、選手のことを思うとね、強く感じるところがありました。すいませんが、よろしくお願いします」と述べました。
矢面に立ち、選手たちを守った佐々木監督。8年間指揮を執ったなでしこジャパンの最後の仕事を終えました。