学生バイトへパワハラ

パワハラとはパワーハラスメントの略称だ。上司が部下に対し、立場を利用して理不尽なことを強要することを言う。このパワハラ、何が厄介なのかというと上司は自分の言動がパワハラになっていると気が付いていないことが多いのだ。
特定社会保険労務士の井寄さんが、とある居酒屋の店長がバイトに対して行ったパワハラについてまとめていた。
ある日、アルバイトが誰も出勤してこなかったことで発覚したパワハラの事案で、出勤しなかった直接の原因は、バイト側からの要望書を無視したことによる抗議だったようだ。
店長自身も元はアルバイトであり、正社員雇用から店長役員まで上り詰めた。そしてほぼ休みを取らずに働き続けるひとむかし前の典型的な仕事人間だったようだ。
バイトの業務内容も分かっているうえ、、営業時間外までチラシ配りを行うなど売り上げ上昇に熱心だった。そして、当然のようにバイトにも同じ働き方を求めたという。
そのせいでアルバイト店員も安定せず、入れ替わりが激しかった。バイト側は改善を求めて店長に要望書を渡した。
チラシ配りは勤務時間外のため、強制しないこと、するなら時間給を支払うこと。指示を出す前に考えること。怒鳴らないこと。学校の試験期間は休ませること。休みのシステムを改善すること。業務時間外に連絡してこないこと。
この店長は、思い通りにならないと怒鳴ったり、休みの日や夜中でも仕事のことで部下の個人用アドレスに連絡していたらしい。
改善するには、個人にでなく全体で成果を上げるようにするなど「人の使い方」を学ぶ必要があるそうだ。

放火の疑い 小学6年の11歳男児を補導

芝生などに放火したとして、小学6年の男子児童が補導されました。
6月、滋賀・大津市内で4件の不審火が相次ぎました。
付近の防犯カメラなどを調べたところ、大津市内に住む小学6年の男子児童(11)が、放火したことを認めたため、児童を補導し、児童相談所に送致しました。
男子児童は、「2015年、塾の校外学習で、炎色反応を習い、いろんな色の炎を見てみたいと思った」と話していて、拾ったライターで、塾の帰りなどに、自転車で現場を訪れ、火をつけていたとみられています。
そういった授業の中で、火は危ないということを大人が教えないといけないですね。
男の子は、火は危ないと思ってくれればよいですね。