蛭子能収「一人尊重」

平成26年8月に出版した蛭子能収さんの著書「ひとりぼっちを笑うな」が16刷、9万7千部のベストセラーとなり、今も売れ続けているそうだ。
本を出したのは、蛭子さんが人付き合いの在り方や行動原理みたいなものを書いてみたらと提案されたからだという。最初はあまり乗り気じゃなかったそうだが、ちょうどそのころ無料アプリ「LINE」での書き込みをきっかけに女子生徒が殺される事件があり、「なんでこんなことで殺されないといけないんだろう」と思ったことがきっかけだったそうだ。友だち同士のやり取りでもめて殺されるぐらいなら、友だちなんていなくていい。むしろ「一人でいることのよさ」をみんなに知ってもらった方が良いと、思っていることを書くことにしたという。
テレビ番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」を見た視聴者は蛭子さんが「自分勝手、自由気ままにしている」と思う人が多いそうだが、これに対して蛭子さんは「僕の行動がそう見えるのは、今の世の中、いろんなことを我慢して、窮屈に感じている人が多いからかもしれない」と話す。
「僕はその場で思ったことを正直に言っているだけ。例えば、旅先では僕は普段と同じとんかつやカレーを注文することが多い。本当はその土地の名産を食べた方が良いのでしょうが、そういうものに全く興味がないので自分の食べたいものを選んでしまう。こうした振る舞いは、10年前なら『何やってんだ』と非難されるだけのような気もします。それが面白いと思ってもらえる。僕自身は何も変わっていないのに、世の中の空気みたいなものがちょっとだけ変わったのかもしれない」
子どものころから自分が感じたように、思ったように行動して生きてきたという蛭子さん。1人でいるのが好きなのは、自分の時間を自由に楽しみたいと思っているからだという。友だちを誘えば、もしかしたらその人の自由や時間を奪うことになってしまうかもしれない。自分が自由でありたいから、他人の自由も同じように尊重すべきだと考えてきたと蛭子さんは話す。
蛭子さんは、自分のやりたいことをするために意識して”群れ”の中に自分の身を置かないという。そうしないと自分のやりたいことをできないし、言いたいことも言えないからだそうだ。周りの目を気にし過ぎない、蛭子さんのような「一人尊重」の考えが現代の子どもたちには必要なのかもしれない。