ジョジョ4部、テレビアニメ化決定

荒木飛呂彦の人気マンガ、「ジョジョの奇妙な冒険」の第4部の「ダイヤモンドは砕けない」がこの度、テレビアニメ化されることがわかりました。
24日、東京の千代田区にある、東京国際フォーラムホールで開催された同作のイベント、「THE LAST CRUSADERS」で発表されました。
「ジョジョの奇妙な冒険」は、1986年に集英社が出版している、「週刊少年ジャンプ」で連載が始まった荒木さんの人気マンガです。
「ジョジョの奇妙な冒険」は、数世代にわたる個性的な悪人たちとの戦いを描いた壮大なストーリー。
それに加え、独特の擬音を用いた表現や立ちポーズなどが人気を博しています。
現在は集英社の「ウルトラジャンプ」でシリーズ第8部「ジョジョリオン」を連載中。
テレビアニメは、第1部「ファントムブラッド」、第2部「戦闘潮流」が2012年10月~2013年4月に。
第3部「スターダストクルセイダース」が2014年4~9月、2015年1~6月に放送されました。
第4部「ダイヤモンドは砕けない」は、1999年の日本が舞台になっているストーリー。
ジョセフ・ジョースターの隠し子の東方仗助が杜王町に潜むスタンド使いと戦うというストーリーです。
人気キャラクターの岸辺露伴も登場します。ファンにとっては待ち遠しいですね。

タモリ、紅白総合司会に浮上

タモリが今年のNHK紅白歌合戦総合司会に起用されることが濃厚になったそうだ。
タモリは1983年にも総合司会を務めており、実現すれば32年ぶり2度目となる。白組司会をV6の井ノ原快彦、紅組司会を有働由美子アナウンサーが務めることも有力になったとのこと。昨年ゲスト審査員を務めたタモリが今年は目玉の一人になりそうだ。
紅白の司会は例年10月中旬に発表されるが、局内からは最近になり「司会がタモリさんならいいよね」と期待される声が多数聞こえるそうだ。関係者によると、NHKが総合司会の候補を与えるにあたり、当然のように名前が浮上したという。いいともが終わってからNHKや民放の深夜番組でよく見かけるようになったタモさん、紅白の司会に抜擢されれば注目が集まりそうだ。