電波少年

『電波少年』シリーズといえば、1990年代を代表するバラエティ番組だが、体当たり系の芸能人を多数輩出してきた。松村邦弘、猿岩石、ドロンズ、Rまにあ、坂本ちゃん、朋友などの芸人に加え、真中瞳、Something Elseなども出演経験を持つ。2003年の番組終了後も元猿岩石の有吉弘行は再ブレイクし、元ドロンズの2人が飲食店経営者として成功。元朋友のチューヤンは香港に戻り著名広告ディレクターになったそうだ。
「元電波」芸人たちはTプロデューサー(T部長)こと土屋敏男氏の無茶振りによるアポなし取材やらヒッチハイク、80日間世界一周などに耐えた経験も影響したか、単なる一発屋ではなく今でも活躍を続けている。そんな「元電波」の中でも着実に活動の幅を広げているのが「電波少年的懸賞生活」でブレイクした「なすび」だ。当時は全裸でとあるアパートに放り出され、ひたすらハガキを書き続けて衣服・食事を含む生活用品を懸賞だけで賄うという過酷なチャレンジをさせられた。現在39歳となったなすびは東京での舞台活動の傍ら、東京と故郷・福島を深夜バスで頻繁に往復しつつ、福島の復興や観光イベントなどに積極的に参加しているという。地元では絶大な人気を誇り、福島の復興のシンボル的存在となっているそうだ。芸能事務所には所属せず、マネジメントも一人で行っているという。『電波少年』での1年3か月の経験を振り返り「精神力が鍛えられて、タフになった。あの時の苦労を思えば何でもできます」と話しているという。T部長に対しては「恨みはゼロかと言うと嘘になりますが、今あるのはやはり電波少年のおかげ。土屋さんにはとても感謝しています」と複雑な思いを抱きつつも感謝しているそうだ。
6日にはエベレストに向けて旅立つというなすび。『電波少年』という番組があったことで、元出演者たちはたくましく今も活躍できているようだ。