愛川欽也がアド街降板

俳優の愛川欽也が、司会を務めるテレビ東京系バラエティー番組「出没!アド街ック天国」を休養し、そのまま降板する見通しであることが分かった。1995年4月の開始時から番組を仕切って北が、7日の1000回目の放送が最後の出演になりそうだ。関係者によると、愛川は20年続けた番組の1000回を持って出演に区切りをつけることを番組側に伝えていたそうだ。健康面に問題はないが高齢の80歳。周囲には「これからは好きなことをやっていきたい」と話しているそうで、所有している小劇場キンケロ・シアターでの舞台製作などに力を入れていく意向のようだ。降板後はレギュラーパネラーの峰竜太が司会を代行するとのこと。関係者によると峰は4月中旬までの暫定的な司会者で、それ以降は新司会が決まりそうだとのこと。「おまっとさんでした」で始まるいつものあいさつが聞けなくなってしまうのは少し寂しいが、これからは好きなことをやって余生を楽しんでいただきたい。