ロッドサーリング

1951年から『ザ・ドクター』、『ファイアサイド・シアター』、『ホールマーク・ホール・オブ・フェイム』、『ラックス・ヴィデオ・シアター』、『クラフト・テレビジョン・シアター』、『サスペンス』、『スタジオ・ワン』といった番組の脚本を書いて売れっ子の仲間入りを果たした。また、シンシナティの地方局WKRC(12チャンネル)のために『ザ・ストーム』という生放送のテレビシリーズの脚本を書いており、これは『トワイライト・ゾーン』の原型となった。

1955年、新旧両世代の権力闘争を描いた連続ドラマ『パターンズ』の脚本を執筆。この番組が空前の大ヒットとなる。その他、朝鮮戦争のベテラン兵士と拷問の後遺症を描いた『ザ・ラック』や『レクイエム・フォー・ア・ヘヴィーウェイト』などのヒットを飛ばし、中には映画化された作品もあったが、テレビ番組としてのさまざまな制約(フォードがスポンサーになった番組の脚本ではクライスラービルが除去されたこともあった)から自由になろうとしたサーリングは、自分自身の番組を創ることを決意した。

金子信雄の楽しい夕食

『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』を新たに立ち上げるために1995年3月で終了する事とが決まっていた。ところが、その矢先の同年1月20日に金子が死去してしまった。その後は収録済の分を放送した後、番組内で金子が作ったレシピを辻調理師専門学校の講師が改めて作るという形で最終回までつないだ。最終回には金子の息子が出演し、金子の息子の母(金子の夫人)である丹阿弥谷津子の代理を兼ねて視聴者にお礼の挨拶を述べて、8年に渡る番組を終了した。

夜のヒットスタジオ

1968年11月4日から1990年10月3日まで、約22年間生放送された長寿番組の1つ。

1970年代前半までは「歌謡バラエティ」番組として、1970年代後半以降は、アイドル歌手・演歌歌手からテレビ出演に消極的であったニューミュージック・ロック系アーティスト、人気俳優、海外のアーティスト、歌なしのフュージョンバンドなどを出演させた。生演奏・フルコーラスを番組制作の基本とした。『ザ・ベストテン』(TBS系)と共に、1970・1980年代の代表的音楽テレビ番組の1つ。芳村真理、前田武彦、井上順らによる自然体のMCスタイルが印象的。 22年間で紹介された楽曲は概ね13,000曲、出演アーティストは1,000組。 本番組は基本的に一つのスタジオから放送されたため大きなセットは組まれなかったが、凝ったカメラワークと大量のスモークや照明などの多彩な演出による評判が高かった。前述の番組と比較し「オケ」と「セット」のベストテン、「カメラ」と「演出」の夜ヒットと呼ばれた。

あすか製薬

グレラン・ビット【指定第2類医薬品】 – 解熱鎮痛成分として繁用されているイブプロフェンとアセトアミノフェンを約2:1の配合バランスで処方。「痛みのもと」と「痛みを感じる中枢」の両方に作用して痛みを抑える解熱鎮痛薬。つらい頭痛や生理痛に悩む20-30代の女性に焦点をあてた小粒で薄く、服用しやすい錠剤。2013年9月4日よりリスク区分が「第2類医薬品」から「指定第2類医薬品」に変更された。
グレランエース錠【指定第2類医薬品】 – 解熱鎮痛成分のアセトアミノフェンとエテンザミドに鎮痛効果を高めるブロムワレリル尿素を配合した非ピリン系解熱鎮痛薬。
ドキシン錠【指定第2類医薬品】 – 筋肉の異常緊張を和らげるメトカルバモールに鎮痛成分のエテンザミド、その働きを助けるジベンゾイルチアミンや無水カフェインなどが協力的に作用する肩こり・筋肉痛・腰痛の内服薬。
トコロールEゴールド【第3類医薬品】 – 生理活性の高いアルファ型の天然ビタミンE(d-α-トコフェロール)製剤。末梢血行障害による肩・首筋のこり、手足のしびれ・冷え、しもやけ、更年期の諸症状、月経不順、老年期におけるビタミンE補給に。製剤的に安定した服用しやすい軟カプセル剤。

除夜の鐘

上野・寛永寺にて1927年(昭和2年)、JOAK(NHK放送センターの前身である社団法人東京放送局)のラジオによって史上初めて中継放送された。

NHK『ゆく年くる年』で、日本各地の寺院にて除夜の鐘が撞かれながら年が明ける様子を全国中継しているが、『ゆく年くる年』の番組開始当初のタイトルこそ『除夜の鐘』であった。

本日も晴天なり

昭和元年、東京人形町に生まれた桂木元子が、NHKのアナウンサーをふり出しに、戦後はルポライター、そして作家への道を歩んでいく姿を、昭和の世相をからめながら描いたもの。主婦業のかたわら、仕事にも生きがいを求めて、意欲を持って生きる昭和の女性の奮闘記でもある(NHKによる)。元・NHKアナウンサーで作家である、近藤富枝の半生がモデル。

フーゴ・ヴォルフ

両親ともスロヴェニア人で、家名はもともとヴォウク(Vouk)と綴った。父親は皮商人(皮細工職人)で、熱心な音楽愛好家であった。その父親からフーゴーはピアノとヴァイオリンを学んだ。学校時代は音楽以外の才能がありそうでもなく、楽しい学校生活ではなかった。結局1875年、ウィーン音楽院に入学した。彼はここでごく僅かしか勉強せず、1877年、多分いたずらから校長宛に脅迫状を書き、退学処分となった。17歳のときから音楽を自習した。ピアノのレッスンと父親から時折ある財政的援助のお蔭で、数年ウィーンで生活する事が出来た。しかし生活は厳しくなり、極度の貧困から健康を害し、彼の誇る繊細さと神経質な性格がかなり衰えていた。

珊瑚海海戦

3月10日、空母「レキシントン」と「ヨークタウン」がラエとサラモアに航空攻撃を敢行、日本軍は艦船4隻沈没、中破小破14隻、戦死130名という損害を出した。この攻撃による損害に不安を感じた陸軍南海支隊長堀井富太郎陸軍少将は軽空母「祥鳳」が輸送船団護衛につくだけでは米軍機動部隊出現時に対処できないと判断し、3月20日の電文で有力な日本軍機動部隊の増派を求めた。

野口米次郎

名古屋で英学を学び、ユニオン・リーダーを学ぶ。愛知県尋常中学校(現・愛知県立旭丘高等学校)経て、四日市から海路で上京し、1891年(明治24年)慶應義塾大学部文学科に入学。ハーバート・スペンサーの「教育論」やトーマス・カーライルの「英雄崇拝論」の講義を聞き、ワシントン・アーヴィングの「スケッチ・ブック」、オリヴァー・ゴールドスミス及びトマス・グレイの詩集から大きな影響を受けた。その他、俳句や禅にも興味を抱く。1893年(明治26年)に慶應義塾大学を中退し、志賀重昂の家に奇食する。志賀が北米の事情に精通している事を知り、渡米の決意を抱く。

睡眠不足による損失

睡眠不足による欠勤や遅刻・早退、仕事の効率低下、事故の発生率などから、経済的損失額も推計されています。

2012年の睡眠不足による損失額は、ニューヨークが5,561億円で最も高く、東京は2位の4,758億円でした。睡眠に不満を持っている人による損失額は、東京がトップの2,872億円でした。

東京の人口を1,000万人とすると、日本全体では睡眠不足のために年間約6兆円が失われていることになります。2007年に行われた推計では約3兆5千億円でしたから、ここ数年で損失額が大きく増えたのかもしれません。

安易に睡眠薬には頼りたくない筈ですので、睡眠薬の使用方法 を考えなくてはいけませんね。