クイズ100人に聞きました

1979年から1992年まで放送されていたクイズ番組。

最初は、「家族対抗クイズ合戦」という名称だったらしい。

一般人100人に対して行ったアンケートを基にクイズを出題する、という変わった趣。

関口宏の司会もさることながら、ナレーターがトラベルチャンスの前に出場者の特徴をよくつかみ、声をかけるなど素晴らしい進行ぶりだった。

巨泉のこんなモノいらない!?

1980年代後期に放送されていたバラエティー番組。

要らないと思われるものをピックアップして対話していく番組だが、「NHK」とか「大河ドラマ」等を取り上げたのはセンセーショナルだった。

更には視聴者アンケートで、「巨泉」が2位になるという面白さもあった。

ニューヨークのジャックと巨泉が会話するコーナーも、味わい深かった。

カックラキン大放送!!

1975年4月4日から1986年3月28日まで日本テレビで毎週金曜 19:30 – 20:00 (JST) に放送されていたバラエティ番組。

ミニコントコーナーが充実していて、研ナオコのお婆ちゃん、これが実に奥深くて笑えた。

刑事ゴロンボは、野口五郎とコロンボの名前をかけていて、それだけでもクスっとくる。

犯人像についてゴロンボとナンシーがあれこれやっていると、 上半身裸で黒タイツ姿となった関根が登場。「ハァー!」と気を入れると、 「カ・マ・キ・リ~!」と手を鎌の形にして、カマキリ拳法でゴロンボに襲いかかる。

何とも、脱力の世界だ。

あばれはっちゃく

1979年から1985年にかけてのホームドラマ。

主人公の長太郎(あばれはっちゃく)は、落ちこぼれでありながらも正義感が強い少年。

そんな彼を通して、様々な家庭問題、学校問題について描いている。

父親の「このばっきゃろー」から始まるフレーズがお決まり。
古きよき昭和の時代を感じさせる。

ガキ大将が、強くても苛め等をする訳ではない、却って優しいところにホッとするものを感じる。